安全対策にお勧め!!通販でドライブレコーダーを購入する!!

昨今、話題になっているドライブレコーダーは、防犯性や安全性に優れたカメラとして注目されています。ここでは、現在、多くの方から大きな注目を浴びているドライブレコーダーについてご紹介します。

ドライブレコーダーって何?

ドライブレコーダーとは、車に取り付けるカメラ装置の事です。交通事故等で車両に衝撃を受けた時の前後の映像、音声等をカメラに記録する事が出来ます。最近のドライブレコーダーは、停車中であっても録画を行う事が可能なタイプの物も発売されています。
また近年では、ドライブレコーダーの種類も豊富になってきており、一般人でも購入する方が増加してきています。自動車のフロントガラス等に取り付ける車載カメラが一般的で、車の前方や車内を映像として残す事が出来ます。運送会社やタクシー業界でもドライブレコーダーの普及は注目されており、安全防止対策にも繋がっています。

ドライブレコーダーのタイプ

  • ● 全て一体型のワンボディ型
  • ● カメラと本体が別々になっているセパレート型
  • ● 車内ミラーに挟んで使用するミラー型
  • ● 2つのカメラを搭載している2カメラ型

このように、ドライブレコーダーには大きく4つのタイプに分ける事が出来ます。

ドライブレコーダーの人気理由とは?

現在、ドライブレコーダーを取り入れている方は多く、沢山のドライバーが自分の愛車にドライブレコーダーを装備しています。現代と違ってドライブレコーダーが無い時代には、交通事故の情報源と言うのは、事故を起こした当事者、または、目撃者の証言からしか得る事が出来ませんでした。
しかし、現在はドライブレコーダーが登場してきたお陰で、事故が発生した前後の映像をドライブレコーダーのカメラで見る事が可能になったので、事故が発生した当時の状況を映像によってしっかり確認する事が出来ます。このような理由からドライブレコーダーは多くの方に支持されており、事故解決や安全防止対策に繋がっています。


ドライブレコーダードライブレコーダーを通販で探す

ドライブレコーダーの良さとは?

ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能1.高画質・細部まで録画する事が出来る
ドライブレコーダーでは、現場の状況を高解像度映像で鮮明に記録に残す事が出来る物が沢山あります。録画される映像が高画素なので、何がどのように、どうなっているか等、状況把握する為の映像を綺麗に記録に残ります。対向車のナンバープレートまでもしっかり鮮明に捉える事が出来たり、広範囲の視野角の広さで録画出来たり、性能にも優れています。
近年は、販売されている車のフロントガラスが大きくなっており、時代と共に変化する車の作りにも十分に対応出来るドライブレコーダーが多く販売されています。カメラの画質やノイズ対応にも優れた物が色々とあり、日の落ちた暗い夜間であってもかなり明るく映像を再現する事が可能であったり、ノイズの目立たな性能になっていたり、性能に関しても優れている物が沢山登場して来ています。他にも、録画映像の周辺部分に画像の歪みが出るのが最小に抑えられていたりするので、映像を確認する際も自然に見る事が出来たりします。
ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能2.高解像度映像である事
高解像度なドライブレコーダーは、輝度差が大きい場所でもその力を発揮します。例えば、車で走っている際にトンネルを通る事もありますよね。トンネルの出入り口と言うのは、どうしてもトンネルの外と中で明暗差が大きくなり、映像が白く飛んでしまうと言った事が発生しやすくなります。しかし、高解像度映像のドライブレコーダーの場合、こう言った状況下であっても、録画映像を鮮明に映し出す事が出来ます。ドライブレコーダーの中には、この機能が搭載されていながら上手く発揮出来ていない物もあるので、口コミや評判をリサーチしておくのがお勧めです。 高解像度ドライブレコーダー
ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能3.長時間録画する事が出来る
ドライブレコーダーと言うのは、録画の古い物から順に上書きしていきます。録画の際には必ずSDカードが必要になりますが、解像度が高くなると鮮明な映像を記録残す事が出来ると同時に、容量が重くなるので自ずと録画出来る時間は短くなります。そんな場合でも、映像を記録するSDカードがカメラにダブル挿入出来るドライブレコーダーも販売されています。ダブルで挿入すれば高画質な映像記録を長時間録画する事が可能になります。このように、旅行やロングドライブをする際にも十分に対応する事が出来るタイプの物もあります。
ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能4.複数のカメラレンズ搭載
ドライブレコーダーには、複数のカメラレンズが搭載されたタイプの物があります。運転している走行中にドライバーの運転の妨げにならないように、レンズサイズはコンパクトになっています。これは、録画された画像を再生する際に大きな力を発揮してくれます。
複数のレンズが搭載される事でドライバーでは確認する事の出来ない部分や死角になっている場所等も、画像を見返す際に確認する事が出来る良さがあります。このように、ドライブ中に視認する為と言うよりも、撮影された映像をチェックする時や、ドライブレコーダーのメニューを操作する際に良い役割を果たしてくれるのです。
複数のカメラレンズ搭載のドライブレコーダー
ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能5.正確なGPS機能
ドライブレコーダーには、GPS機能が備わっている物もあり位置情報の受信も行ってくれます。撮影された位置情報を常時映像記録していく事が出来ます。時刻に関してもGPS情報に基づき自動修正が行われるので、ドライブレコーダーの時刻設定をする必要もありません。
また、ドライブレコーダーに記録されたGPS情報と言うのは、PCのビューワーソフトにも対応していたり、各区間の走行状態についてもPCで把握する事が出来たりします。他にも、GPS認識速度GセンサーチャートGPS地図表示等の機能が備わっており、このように便利な機能が沢山あります。
ドライブレコーダーのGPS機能

通販で高機能ドライブレコーダーをチェック

ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能とは?

最近の車にはブレーキアシスト機能が備わっている等、安全運転をサポートする為の機能が搭載されている車が増えていますよね。実は、ドライブレコーダーにも、車を運転するドライバーに向けた色々な安全運転支援機能が搭載されています。ここでは、ドライブレコーダーに搭載されている安全運転機能をいくつかご紹介したいと思います。

ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能車線維持機能

ドライブレコーダーの中には、車線維持機能が付いている物もあります。ドライブレコーダーのカメラが車道の車線を捉えて認識してくれます。居眠りや運転の集中が切れてドライバーの運転がふらついていたり、車線からはみ出しそうになっていたりした時に、アラートを鳴らして危険を知らせてくれます。

ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能過度超過・追突防止機能

速度制限以上の場合に走行警告をしてくれたり、前方に走っている車と近づき過ぎている時に警告音を出して追突防止を知らせてくれたりします。特に、車が渋滞している時等には、ぼーっとしてしまって前方の車にぶつけてしまわないように車間距離を保つ事が出来ます。また、近くにある障害物の警告をしてくれるので、常に周りを意識しながら運転する事が出来ます。

ドライブレコーダーの優れた安全運転支援機能危険エリア通知

ドライブレコーダーのGPS機能によって、事前に危険エリアを知らせてくれる物もあります。例えば、走行先に子供が通う小学校がある場合や、走行注意エリア等、前以て通知してくれます。

このように…

ドライブレコーダーは、車を運転する際の防犯や安全対策として大きな役割を果たしてくれる、機能性に優れたカーアイテムになります。カー用品店で購入しようと思うと、最低でも3万円程度はするドライブレコーダーですが、通販で購入するとドライブレコーダーのタイプにもよりますが半額以下で購入出来たり、簡易的なタイプであればもっと安価な価格で購入する事が出来たり、お得に購入する事が出来ます。


ドライブレコーダー通販でドライブレコーダーをお得に購入する